BOSCH サービスプログラム

 

 

一般の整備工場における点検では、メカニックによる経験や勘、目視が中心です。

これは非常に重要なことですが、コンピューターの内部まで見ることはできません。

BCSでは、最新鋭の診断機器を使い、人の目には見えない部分や見落としがちな部分までの診断が可能です。

 

 

 

 

ボッシュ サービスプログラム(BSP)は、ボッシュ独自の最新診断機を駆使した、ヨーロッパ基準の車両診断サービス。診断結果を『数値』や『グラフ』によってビジュアル化するため、愛車の状態を客観的に評価できます。

「ボッシュマイスター」が的確に車の状態を把握・分析し、お客様に直接、わかりやすく丁寧にご説明します。

 

ボッシュマイスターとは・・・ボッシュのトレーニングを修了したプロのメカニックのことです。

 

 

 

現行の車検や定期点検には、現在の大半の車に装備されている ABS (アンチロック・ブレーキ・システム) や ESC (横滑り防止装置)などの安全装置の点検が含まれていないなど、不足している内容が少なくあり ません。しかも、点検のほとんどは、目視による「静的」な確認によるもの。 

 

BSPは、これまでの定期点検の内容に加え、最新システムを含むそれぞれのパーツが正常に機能しているかどうかを、最新の診断機で細かく分析・判断。いわば「動的」な点検だから、一般的な定期点検では発見できない部品の劣化や消耗度合いも、『数値』や『グラフ』で明確に評価することができるのです。

 

 

診断項目 診断内容 BSP 車 検 
バッテリー 電圧、スタート容量   ○  - 
オルタネーター 制御電圧、発電状態  ○ 
リップル  ○ 
ABS  故障コード確認   ○ 
エアバッグ 故障コード確認   ○ 
排気ガス  CO、HO  ○  - 
CO2、O2  ○ 
ラムダセンサー  作動確認   ○  - 
サイドスリップ 前輪   ○  - 

 

 

 

 

 

 

ボッシュマイスターとは・・・?

カーメンテナンスのプロフェショナルとして、様々なテストを合格した「ボッシュマイスター」=ボッシュ・システム・テクニシャン(BST)のことです。

BST 認定試験は電気、電子関係およびボッシュエレクトロニックシステム(モトロニック、ABS、ESP 等)を中心に座学/実車試験をトータルで行います。最終的に各セクションを一定以上の基準を満たした者だけにボッシュ世界共通の称号ボッシュのマイスター『ボッシュ・システム・テクニシャン』が与えられます。

画像は研修中の様子です。

 

 


新着ニュース・お知らせ

スタッフ

聖陽自動車サービスの橋本ですっ!毎日大忙しですが、これもひとえにお客様のおかげでございます。誠心誠意がんばります!

ブログ・SNS